パイロン君のRC日記

ラジコンを中心としたパイロン415!の日記です。 たまに脱線するカモ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メタルオイル・・・

06-10-31.jpg


 写真は私がラジコンを始めたときから使用しているモーター用のメタルオイル。
 これはTANIさんから教えていただいて2種類のオイルを混ぜて作ったもので、何にも考えずに使っていたのですが、最近気になることが・・・。

 ホームセンターで買ってきた2種類のオイル(1個約100ml入りで、2本で350円ぐらい)のうちのひとつの容器に書かれている商品説明が、とあるメーカーのメタルオイルの商品説明と全く同じなんですよね・・・。

 ということで、何気なく使っていましたが実はイイモノかもしれません(^^)TANIさんに感謝!!
スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 21:42:06|
  2. アイテムのお話
  3. | コメント:0

収穫多き一日

 今日は本来なら島根県松江市で行われる「全山陰RC選手権」に参加する予定だったのですが、全財産が1000円を切るありさま・・・。仕方なく全山陰は欠場・・・(--;)幸いガソリンはまだ半分ぐらい入っているので、小銭を握り締めて旭サーキットへ・・・。

 で、昼前にサーキットに到着。先に来ていたTeshi-RさんKONOさんを始め、日ごろ練習にこられない方まで集まられて、にぎやかな練習となりました(^^)

 今日は練習ボケからくるダラけた走りを一蹴するべく、1パック目から色々なことをテストしてみました(^^)

 走行ラインからモーター、アライメント、プロポの設定、そしてグリップ剤・・・。

 最近のとりあえず無難に走るマシンから、かなり攻撃的な走りを見せるマシンに変わってきました。あとはコレにお手手を付いて行かせるだけです(^^)平日の練習も気の抜けない、内容ある練習になりそうです(^^)

06-10-29-2.jpg

06-10-29-1.jpg


 練習後、全財産は300円ちょっとに・・・。あと2日!
  1. 2006/10/29(日) 20:12:53|
  2. 旭サーキット
  3. | コメント:0

山口最速ドライバー(^^)

 今日は午前中に旭サーキットに到着したものの、誰も来る気配がなかったため、来月以降遠征レースを戦っていくレース用モーターを選別。

 今まで使っていたヨコモFLTは3個のうち2個がコミュ径が7.2ミリを下回り、回転、電流はかなりの数値を出すのですが1パックでコミュがグチャグチャになり、回転も不安定・・・。ブレーキも強烈です。

 そこでこの2個のモーターは練習用(またはテンパった時に血迷って投入する用)とすることに。ただ、練習でも使いにくくて廃棄する可能性が大ですが・・・。

 残ったモーターはヨコモFLTが1個、フラップ2006レイダウンが2個、そして今回のレースで貰ったテクトロの昨年モデルレイダウン。

 ひとつひとつコミュ研、慣らしを行って回転と電流を計測し、エースモーターを決定しました(^^)

 夕方には久しぶりにヤシマスターさんが現れて談笑(^^)最近の近況や全日本撃沈の話、ヤシマスターさんの持っているレアな回転計の話で盛り上がりました(^^)
 残念ながらご自分で飲食店を始められたため、2年半ぐらい前からラジコンはされていませんが、今いきなりレースをしても間違いなく山口最速だと私は思っています(^^)ラジコンを始めた頃はラインのとり方やバトルの駆け引きなどたくさんのことを教えていただきました(^^)

 残念ながら、今後ラジコンをやれる見込みは・・・だそうですが「今度フリーマーケットでも開くでのぉ~」といいながら帰っていきました(^^)

 これからも目標です(^^)

1162.gif

  1. 2006/10/28(土) 21:44:24|
  2. その他
  3. | コメント:0

サイクロンも約2ヶ月・・・

 今思えば当然の(笑)全日本ショックでマシンをサイクロンにチェンジして約2ヶ月・・・。

 旭のレース後、マシンを415に戻そうか真剣に悩んだのですが、走りに不満はない、ということとどうもタミヤは新型の影が・・・ということでまだしばらくサイクロンでがんばってみることに。


 今日は2ヶ月使用して感じたサイクロンについて・・・


●415とどう違う?
 基本的にはさすがハイエンド、何も変わらない、というか感じ取れないというか・・・(苦笑)
 周りの人が見ても「動きが変わってない」そうですし、ラップタイムも路面状況があるため厳密に比べられませんがほとんど変わりません(^^;)
 ひとつ感じるのは、415よりも「折れ曲がるようにターンする」といった感触。丸く曲がる、といった感じとは少し違うように思います。


●良いと感じたところ
 感じたのは415に比べてシャーシがねじれにくいかな?ということ。なぜかはわかりませんが、ねじれやすいよりはねじれにくいほうが良いに決まっています(^^)
 それから全体的にガタが少ないかな?という印象。タミヤは新品時はガタなくいい感じですが、リヤナックルなどは数パックでグラグラになることがあります・・・。


●???と感じたところ
 フロントのユニバのメンテサイクルが・・・。油断するとすぐに回転が渋くなり、ハンドルを入れながらアクセルオンしたときにすごい異音とともにフロント周りが「暴れ」ます・・・。以前ベルト飛びだと思っていたのはコレでした・・・。
 あと、昔から使っている方は問題ないのかもしれませんが、マイナー前の部品とマイナー後の部品が店頭に混在し、間違えて買ってしまうことがしばしば・・・。何個か「使えないパーツ」を買ってしまいました・・・。


●これから・・・
  試してみたいこととしては、415で「自分的標準」だった、リヤトー2°、前後キャンバー0.5°といったあたり。リヤトーについては、青にこだわるなら4500円のサスブロックセットを買わなくてはなりません・・・。

 今週末は旭でじっくり練習。ラインをしっかり考えながら内容のある練習をしたいです(^^)

06-10-24-3.jpg

  1. 2006/10/27(金) 22:24:39|
  2. マシン整備・セットアップ
  3. | コメント:0

旭月例レース③

 決勝に向けてもセッティングは変更なし。ただし今回はしっかりウォーマーをかけてグリッドにつきます(笑)勝負のポイントはいつもながら最初の1分間!

●決勝

☆モーター・・・カワダVT(6.09)
☆タイヤ・・・ノーマーク+30シルバードット(中古・037M)
☆バッテリー・・・グリッドIB4200ゴールド

 順調なスタート!しかしソレックスタイヤを投入していたIDE君が抜群の動きでプレッシャーをかけてきます!
 そしてS字の出口で接触!これ自体は全く仕方のない一瞬の出来事だったのですが、ここで運の悪いことにコース仕切りにスタック。最下位まで転落してしまいます(--;)先頭を走るのは混乱を切り抜けたHIRO君!

 しかしここから怒涛の(自称)追い上げで順位を上げていき2番手までポジションアップ!そして3秒あったHIRO君との差をジワリジワリつ詰めていきます。

 1.8秒・・・1.4秒・・・1.2秒・・・。そしてついに0.7秒!ほぼテールトゥーノーズの状態に!

 しかし・・・

 周回遅れをパスする際にミスして転倒!・・・亀・・・・。

 残念ながら2位でのゴールとなりました(--;)

 優勝は見事逃げ切ったHIRO君でした(^^)おめでとうございます!!


 今回のレースは約3ヶ月ぶりの地元レースだったんですが、その間1度もラップタイムを計らず、しかもマシンが変わってマシンのセットアップに気をとられていたということもあって、イマイチ集中しきれない、緊張感のないレースとなってしまいました。
 ですが決勝の最下位転落によってスイッチが入ったのか、決勝で本日のベストラップを記録。マシンも最終的にはいい動きでした(^^)

 ただ、走行ライン等で「こんな走り方だったっけ?」と気になるところがいくつかあるので、過去の練習時ムービー(なんてのも持ってます・・・笑)などをもう一度良く見て、しっかり練習したいと思います(^^)
  1. 2006/10/26(木) 21:49:42|
  2. 旭サーキット
  3. | コメント:0

旭月例レース②

●予選第2ラウンド

☆モーター・・・カワダVT(6.09)
☆タイヤ・・・ノーマーク+30シルバードット(中古・037M)
☆バッテリー・・・ヨコモIB4200WCセル

 路面グリップが上がることでタイム、動きともに良くなるだろう、ということでセットは変更なし。グリップ剤はほぼ全塗りにします。

 予選スタート。1番スタートで順調に周回を重ねます。路面グリップも上がってきているようでベストラップは11.5秒台に(^^)ただ、やはり練習ボケというか・・・うまくマシンに集中していけません。小さなミスを繰り返してジワリジワリとタイムロス。
 それでも路面グリップ向上のおかげかゴールタイムは41周2秒と1ラウンド目を更新。好調な走りを見せていたIDE君、HIRO君がリタイヤ、大幅タイムロスとなったため、暫定TQはキープ(^^)


 ここでお昼休みをはさみます(^^)


●予選第3ラウンド
 モーター、タイヤは変更なし。バッテリーはもう1つのヨコモWCセルを投入します。セット、グリップ剤も変更はしません。
 
 が、今回はひとつ変更・・・。

 予選1ラウンド、2ラウンドと練習時のように1周目からバリッとグリップする感じがなかったため、練習時とマシンの準備を同じにする意味でタイヤウォーマーを使わずにタイヤを処理。マシンを準備します・・・。

 そして予選最終ラウンドスタート。

 う~ん、曲がりません(苦笑)タイヤの温度が原因とかではなかったようです(汗)
 序盤は曲がらない焦りもあってミスを連発しますが、中盤からマシンが思うように動き始めペースアップ。7分経過ごろにベストラップを記録する遅咲きの走りでゴール。41周1秒。

 IDE君、HIRO君を何とか振り切って予選TQを獲得しました(^^)
  1. 2006/10/25(水) 23:02:58|
  2. 旭サーキット
  3. | コメント:0

旭月例レース①

●朝の練習●

 晴れの日がかれこれ2週間近く続いた路面は朝からハイグリップ・・・のはずがイマイチ。ラップも12秒フラットあたり。
 ただ、自分だけがタイムが出ないのではなく全体的にタイムが出ていないようなので、路面がよくなればタイムも上がるだろう、ということでセットは変更しません。

 セットについては県央のレース時のセットから、フロントのバネとスタビを柔らかく、キャンバーをちょっと立てた状態。旭サーキットで煮詰めてきたセットとはちょっと違うセットになっています。

●予選第1ラウンド
☆モーター・・・カワダVT(6.09)
☆タイヤ・・・ノーマーク+30シルバードット(中古・037M)
☆バッテリー・・・GRID IB4200シルバー

 順調にスタート。マシンの曲がりは「キタ!」という感じがありません。路面グリップが思ったほど上がってきていないようで、他の選手もラップが伸びてない様子・・・。
 途中、タンボコーナー進入時のアクセルとステアリングのタイミングを変えたところいきなりベストラップを更新します。・・・?

 結局大きなミスなく走りきって暫定TQを獲得したものの、タイムは41周8分8秒。今までのレース時のタイムと比べると1周近く落ちるタイムです・・・。

 予選1ラウンド目を終えて気づいたのは、タイムを出す走り方を忘れている、ということ。

 毎日練習してるじゃん!と思われるでしょうが、どうやらそれが逆効果に働いている感じで、タイム等を取らずにフィーリングだけで練習していたためか、今までどうやってタイムを詰めていたかが思い出せません。ラインは丁寧に走っているのですが・・・。

 第2ラウンド以降は組替えが行われ、TQを争うことになります・・・。

 06-10-24-1.jpg

  1. 2006/10/24(火) 19:00:40|
  2. 旭サーキット
  3. | コメント:0

レポートに行く前に・・・

2つご報告を・・・

ギブアップは中止、ということで・・・。どうもタミヤの12月の新製品の中に「あきらかに新型ツーリングの雛型だろ!」というマシンがあるので、様子を見ます・・・。


②インテレクトのWCセル。いろいろな所から情報を集めたところ、従来セルより6セルで15グラムぐらい重いそうなんですが・・・

 ヨ○モのWCセル従来セルと同じ重さなんですけど。

次回からはやっぱりGRID!!
  1. 2006/10/24(火) 18:36:43|
  2. 旭サーキット
  3. | コメント:0

ギブアップ…

するかもしれません…(ρ_-)o

 分かる方には分かる話、ということで…(ρ_-)o
  1. 2006/10/23(月) 12:39:47|
  2. その他
  3. | コメント:0

月例レース終了♪

 久々に開催された旭レーシング月例レース(^-^)無事終了しました(^-^)
 結果は…

参加8名 予選TQ → 決勝2位

でした(^-^)

 路面が思ってたほどグリップしない中、マシンは良く走ってくれたと思います(^-^)
 決勝はミスを挽回できませんでした…(ρ_-)o

 レポートは明日からで…(^-^)
  1. 2006/10/22(日) 19:07:09|
  2. 旭サーキット
  3. | コメント:0

オータムカップ⑤~決勝~

 いよいよ決勝。予選順位は9番手。上位とは持ちタイムがまったく違うため、勝負できる感じはありません(^^;)

 もしリタイヤしても、総合順位は1つ下がるだけ。なので、今回は1ラウンド目のハイサイドしまくったグリップ剤処理の仕方で、自分でハイサイドしないようにコントロールして走行できないか試して見ることに。

 上位陣は、マシンをハイサイドするかしないかの状態に持っていき、そこでマシンがハイサイドしないよう、コーナリング中に無理なアクセルを入れないで走行しています。私の場合でも、予選第1ラウンドでハイサイドしたのは3回。他の周では何とか押さえ込んできているわけですから、この3回を抑えきれば・・・。

●決勝
☆モーター・・・ヨコモFLT(5.5)
☆タイヤ・・・ソレックス36R(039M・中古)
☆バッテリー・・・グリッドIB4200ゴールド

 慎重に決勝スタート!1コーナーから奥ヘアピンにかけて上位集団で混乱があり、どさくさにまぎれていくつかポジションアップ(^^)ですが、やはり肝心なところで・・・

 ハイサイド!

 やはりお手手では抑えきれませんでした・・・。コミュ径が小さくなりすぎたため、ローターを他のヨコモFLTから入れ替えたエースモーターも全く吹けず、ハイサイド⇒道を譲る、を繰り返しながらゴール。
 2名ほどリタイヤした選手がいたため、総合8位でのゴールとなりました。

06-10-21-1.jpg


 レース後は表彰式とオーナーさんのご好意でバーベーキューが行われました(^^)
06-10-21-2.jpg
06-10-21-4.jpg


06-10-21-3.jpg
今回の商品!わらしべ的にマツタケをゲット!(^^)

 さて、これで今年の県央サーキットのレースもすべて終わりました(^^)当然といえば当然なんですが、レース前日の練習だけではやはり地元選手の速さ、ノウハウの豊富さについていけなくなっています。来年はもうちょっと地道に練習に通っていろんな状況に対応できるようにしなければ・・・と思いました(^^;)

 今週末は久々に旭のレース!サイクロンは走るのか!?
  1. 2006/10/21(土) 08:52:37|
  2. 県央サーキット福富
  3. | コメント:0

オータムカップ④~予選第2R~

 予選第1ラウンドを終わって30周8分00秒で11番手。第2ラウンドの路面がどう変化するかはわかりませんが、転倒せずに走りきれば31周には問題なく入ります。

 ここで、今回のレースの目標を「予選5番手あたりから表彰台を狙う」から「とりあえずAメインに生き残る!」に変更。第2ラウンドは下地処理のみとして転倒しないマシンで出走することにします。目標は31周7秒あたり!

06-10-20-1.jpg


●予選第ラウンド
☆モーター・・・フラップ2006レイダウン(5.5)
☆タイヤ・・・ソレックス36R(039M・中古)
☆バッテリー・・・ヨコモIB4200WC

 最後尾から予選スタート。ハイサイドの心配がないように調整はしましたが、1周目は慎重に周回・・・とりあえずハイサイドの気配はありません・・・。

 よし!いざ勝負!

と最終コーナーでハンドルを切りながらアクセルをいれたところ・・・

 ハイサイド(苦笑)

 気配がなかったので油断し、アクセルを早めに入れすぎました・・・。
 1周目からつまづいてしまいましたが、ここから気を取り直し自分のペースを保って周回していきます。ちょっと第1ラウンドよりモーターが回ってないか・・・?途中もう一度、今度は自分のミスで緑石に乗り上げて転倒してしまいましたが、それ以外は何とかまとめてゴール。

06-10-20-2.jpg


 31周8分9秒。転倒とハイサイドをのぞけばほぼイメージどおりのタイムとなりました。あとは順位ですが・・・。

 予選9番手、何とかAメインにすべりこみました(--;)

06-10-20-4.jpg


 残るは決勝。今の状態ではバトルには参加できそうにないです・・・。
  1. 2006/10/20(金) 23:59:40|
  2. 県央サーキット福富
  3. | コメント:1

オータムカップ③~予選第1R~

●予選第1ラウンド
☆モーター・・・ヨコモFLT(5.42)
☆タイヤ・・・ソレックス36R(039M・中古)
☆バッテリー・・・ヨコモIB4200WC

06-10-19-2.jpg

06-10-19-1.jpg


 朝の練習時と同じ手順で下地を処理。

 予選第1ヒートのマーシャルを済ませてピットに帰ってくると同じ最終組を走る地元のトップ選手から「路面のコンディションが変わりつつあり、俺たちが走る頃にはグリップが上がっているかも」という情報が。

 ここで、路面グリップが上がると予想してグリップ剤を塗らずに下地だけで出走するか、朝と路面が変わらないと判断して朝と同じようにグリップ剤まで処理して出走するか、の選択をしなければならなくなりました。

 選択したのは、グリップ剤まで処理して出走・・・。

 そして私の走る予選最終ヒートが始まりました。6人走行の3番スタート。
 1周目は順調に周回してホームストレートへ。マシンはいい感じに曲がって帰ってきたので、ここからタイムを伸ばしていこうと2周目の右奥ヘアピンをターンした時・・・

 ハイサイド!!!

 別に緑石に乗っかったとかいうわけではありません(^^;)マシンはフラットな路面の上で何かに引っかかったかのように転倒、コース際まで転がってしまいました。

 朝の練習では気配がなかっただけに動揺します。

 このあとも同じコーナーでもう一度、さらにヘアピンあとの緩やかな左コーナーでもう一度ハイサイド。この時はマシンがになってしまいコースマーシャルの助けを仰ぐハメに・・・。大幅なタイムロスとなってしまいました(^^;)

 結局そのあともハイサイドにおびえてペースを上げれず、フラフラな感じでゴール。ヒート最下位の30周8分00秒。

06-10-19-3.jpg


 全体でも11番手と、このままではBメイン落ちしてしまいます。

 次のラウンドが始まる直前まで、グリップ剤に悩むことになりました・・・。
  1. 2006/10/19(木) 23:36:09|
  2. 県央サーキット福富
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

パイロン415!

Author:パイロン415!
山口県周南市の旭サーキットがホームコース。
EPツーリング、EPドリフトを中心に活動しています!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。