パイロン君のRC日記

ラジコンを中心としたパイロン415!の日記です。 たまに脱線するカモ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

焼山サーキット破り最終回(セット紹介)

 WBCはアメリカにサヨナラ負け、ですか~。朝仕事に出発するときは3対1で勝ってたんで、「おっ、こりゃもしかして・・・」と思ってましたが、残念ですね~。なんか怪しい判定?があったんですか?だいたい、アメリカ対日本の試合をアメリカの審判がジャッジするなんて・・・(苦笑)

 焼山サーキット破りでの415MSXのセットです(^^)太字が旭セットからの変更点です♪

●サスブロック
前から1A・1A・1A・1E、スペーサーなし
●ダンパーポジション
F…上・外からふたつ目、下・3つ穴の真ん中
R…上・外からふたつ目、下・3つ穴の真ん中
●アッパーアームスペーサー
F…3ミリ
R…2ミリ
●アクスル
F…Cハブ4°
R…トーイン1°、3つ穴の真ん中

●キャンバー
F-0.5°、R-1.5°(サスブロック変更によるもの)
●車高
FRとも5mm
●リバウンド
FRとも2mm
●スタビライザー
F…エボⅣ用レッド
R…レッド
●ホイールスペーサー
F…なし、六角ハブ6ミリ
R…なし、六角ハブ4ミリ

●スプリング
F…テックブルー
R…テックシルバー
●ダンパーオイル
F…アソシ♯35
R…アソシ♯30
●ピストン
FRとも3穴
●乗せもの
ダイヤフラム上にウレタンブッシュ1個

●ボディ
タミヤレガシィ2.0
●ウイング
レガシィ付属ラウンドタイプ
●タイヤ
ノーマーク+30銀玉、ヨコモ5C22
●インナー
ノーマーク+30・・・ライド軽量白、ヨコモ037M
ヨコモ5C22・・・ボンバーイエロー
●モーター
ヨコモFLT、ルナFY-L
●ギヤ比
スパー98/ピニオン39または40、ギヤ比5.49または5.35

●その他
○リヤのスペーサー調整により、2mm程度ショートホイールベース化しています。

06-3-11-7.jpg

 リヤのサスブロックは初めの練習の際にリヤの安定感が足りない感じだったので、1Eとしてリヤトー3°としてみましたが、レース当日の感触からすると2.5°でもいいかもしれません。

 さあ、今週末は旭の月例レースです。今からマシンのチェックをします(^^)
スポンサーサイト
  1. 2006/03/13(月) 20:57:25|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼山サーキット破り⑥(決勝)

 決勝Aメインのメンバー表はこちら。

06-3-11-6.jpg


 決勝ですが、最後尾スタートからなのでかなり気楽。もともと予選重視派で決勝の成績にはあまり執着がないタイプなので、ここはこいつを投入してみます。

06-3-11-5.jpg

 ヨコモ5C22。決勝の時間に路面温度が下がりすぎてノーマークでは対応できそうになくなった時を考えて買っておいたものです。やはり地元選手がタイムを出しているタイヤ、というのを一度もやらずに帰るのはどうかな、と(^^;)

 EIJIさんのアドバイスを受けて、まず、ホイールのリブを全部削り落とします。そしてインナーはボンバーのイエロー、通称「ボンバイエ」。グリップ剤はバギーグリップを塗布。このタイヤは通常のマシンセットでは危なくて走れないと聞いていたのでフロントの塗り幅だけ半塗りにします。

 ここで、お昼から見学に来たIDE君がモーターのコミュ荒れがひどいのを発見。モーターを貸してくれました(^^)ルナのレイダウンです(^^)

06-3-11-4.jpg


 決勝の各メインが順調に終了していきます。EIJIさんはタイムが伸びずCメインでしたが、最後はさすがにトップゴールを決めてくれました(^^)

 そしていよいよ決勝Aメインです!IDE君にマシンを出してもらい、グリッドにつきます。・・・果たしてヨコモタイヤはどんな動きを見せてくれるのか・・・!?

06-3-11-1.jpg
写真提供:IDE君

●決勝Aメイン
 ○モーター・・・ルナレイダウン(5.35)
 ○タイヤ・・・ヨコモ5C22(ボンバーイエロー・新品)
 ○バッテリー・・・ヨコモIB4200

 決勝スタート!前方で混乱があったようで、2台ぐらい転倒する横をすり抜けていきました。上々のスタートです!・・・が!!
 ストレートエンドでアクセルを抜いてハンドルを入れたとたん・・・

 ペロンッ!!!

 マシンはハイサイドで転倒(笑)このタイヤ、踏ん張りすぎです(笑)

 そのあとも何度もハイサイド&縁石に乗って転倒、を繰り返し瞬く間にドベに(苦笑)そして早くも先頭集団が後ろに接近(涙)

 このあとは、もうハイサイドで転倒しないように注意しながら後ろから来るマシンに道を譲るので精一杯でした(^^;)6分過ぎにマシンの調子が上がらない高安選手、小林選手とのバトル状態になり、結局8位でゴール。レースが終了しました(^^)

06-3-11-3.jpg

 優勝はミソ加藤選手。私の記憶が合っていれば1番最初に道を譲ったのは足立選手だったような気がするんですが・・・。一緒に走っていたため途中何があったのかはよくわかりません(^^;)

 これですべてのレースが終了。企画としては、ラジマガ勢が看板奪取、という結果に終わりました。


06-3-11-2.jpg

 レース後の抽選会ではラジマガ特製ホイールレンチをゲット。確か去年もコレだった気が・・・(汗)

 今回も非常に楽しく、結果的にも大満足のレースでした(^^)

 しかし、ワークスドライバー速過ぎ!今回も改めて実感しました・・・。EIJIさんTAKEさんをはじめ、お世話になった皆様ありがとうございました(^^)&今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

 またまた練習ですね♪
  1. 2006/03/11(土) 22:22:40|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼山サーキット破り⑤(予選2回目)

 さて、今日1日を通して使うつもりだったノーマーク銀玉が見事に裂けてしまった私。幸いにも2パックほど慣らしをして、朝の練習走行でも少し使用したノーマークがあるのでコレを使うことに。ただ、このタイヤは朝の練習走行では少し曲がりこみがありませんでしたから、ノーミスで完走しても40周は出ないかもしれません・・・。

 ただ、期待できるのはコレ。

06-3-10-1.jpg

 TAKEさんがレンタルしてくださったマッチドバッテリー「GRID」・最上級の「ゴールド」。充電前の温度をしっかり上げてから充電を開始しました。

 さて、タイヤのほうですが、第1ラウンドの「裂け」はかなりいきなりだったので、原因を「白缶の塗布時間が長すぎた」か「ウォーマーの時間が長すぎた」のどちらかだと推測し、今度は両方とも時間を少し短めにしてみます。

 また、Gスタイルの高木さん情報によると、やはりインテレクトは走行中の温度降下がパワーダウンにつながるということなので、TAKEさんのアドバイスをもとにバッテリーをサランラップでくるみ、マシンに搭載します。

 タイヤがまた裂けないか不安なため、かなりカツカツモード入りましたが、できるだけの準備はしました!いざ勝負です(^^)!

●予選第2ラウンド
 ○モーター・・・ヨコモFLT(5.49)
 ○タイヤ・・・ノーマーク+30銀玉(ライド軽量白・2パック使用)
 ○バッテリー・・・GIRDゴールド・インテレクト4200

 先ほどはリタイヤのため、最後尾スタート。最初のヘアピンカーブから、やっぱり曲がりこみません(苦)普通には走れますが、攻める、といった感じには全くならず・・・。キビシ~・・・。最終コーナーを立ち上がります。

 !!!

 ストレートは速い!バッテリパワーキター!って感じです!

 で、速すぎてアクセルを抜くタイミングを計り損ねてしまい、縁石に乗って転倒(苦笑)いきなり1周目が13.9秒かかってしまいました(苦笑)

 がこれで落ち着き、やる気も取り戻しました。曲がらないならしっかり曲がるまで待ってから思いっきり握ってやれ!(笑)安定走行を取り戻し、4分過ぎぐらいにヒートトップに出ます。ペース的には曲がらない分上がりませんが、大きなミスはしてない・・・。パワーはまだ十分ある・・・。

 8分が経過。どうやら40周目には入った様子!あとは何秒でゴールするかです。9~12秒あたりにタイムが集中しているので、できればその前に出たいところ・・・!

 ゴール!タイムは・・・!?

 40周・・・

 8分09秒6・・・。

 この時点で6位。とりあえず8人切りのはずなので、Aメイン圏内ですが、タイムを出してない強豪選手がこのあと4、5名登場するので、Aメインは微妙です・・・。

 あとは待つばかり・・・。第7ヒートに1人タイムアップして7位に・・・。

 そして最終ヒート。

06-3-10-3.jpg

 強豪ぞろいのこのヒートにもまだ3人、私よりタイムを出せなかった選手が・・・。この3人から2人タイムアップする選手が出れば私はBメインです・・・。

06-3-10-5.jpg


 ヒート終了・・・。

 ・・・。

 2人がタイムアップ・・・私は9番手となりました・・・(涙)Bメインか・・・。

 と、思っていたら、今回は人数の割り数の関係で9人切りに(爆)私は見事Aメインドベの男となりました(^^)/ツイてますね~!!

06-3-10-4.jpg


 こうなれば、もう9位以内は決定ですから気楽なものです(爆)

 ちなみに上位陣はTQ足立選手、その後ろに地元の清本選手、采原選手、そしてミソ加藤選手となりました。

 明日は決勝です♪
  1. 2006/03/10(金) 21:13:13|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼山サーキット破り④(予選1回目)

 レース当日は、8時過ぎ?ぐらいに到着。もうぞくぞくピットを広げているので、適当な位置にEIJIさんと並んでピットを設置。

 
 受付を済ませてから、1パックだけ練習することに。タイヤはレースで使う予定のものではなくて、もしものために2パックほど走らせて軽く慣らしておいたノーマーク銀玉。やはり2パックではグィッとくる曲がりはありませんでしたが、それなりにしっかり走ってラインの最終確認を終了。予選開始に備えます。

 ここでマシンチェック中に、フロントのベルトの山が10山ぐらい飛んでいるのを発見(汗)

06-3-9-2.jpg

 早めに気づいて良かった、ということでベルトを交換しました。今思えば、この辺からバタバタしてましたね(苦笑)


 写真撮影、ミーティングの後、540クラスから予選開始です。

06-3-9-7.jpg


 私の出番は23Tクラスの第4ヒート。23Tクラスは全8ヒートあって、地元の強豪&ラジマガ勢はほとんど最後の2組に組み込まれており、私のヒートはたまに焼山を走る選手が集まった組、といえばいいでしょうか。

06-3-9-3.jpg


06-3-9-4.jpg


 予選用バッテリーの充電を開始した直後に、マッチドバッテリー「GRID」の製作・販売を行われているTAKEさんから、バッテリーをレンタルしてくださる、とのお話が!しかも最上級グレード!
 これはぜひ!と思いましたが第1ラウンドの充電は開始していたため、勝負のかかる第2ラウンドに使用させていただくことに(^^)これが、あとで効きます(笑)

 ちなみに、バッテリーウォーマーを持っていない私は天然のバッテリーウォーマーを使用(笑)

06-3-9-1.jpg


●予選第1ラウンド
 ○モーター・・・ヨコモFLT(5.49)
 ○タイヤ・・・ノーマーク+30銀玉(ヨコモ037M、5パック程度使用)
 ○バッテリー・・・イーグル・インテレクト4200ザップド

 グリップ剤は白缶。フロントを2/3塗り、リヤを全塗りにしてしばらく放置し、それからウォーマーをかけます。ギヤ比は前日のタイム計測時に十分パワーがあったのでピニオンを1枚減らしてみました。

 第4ヒートスタート3分前のコールがあり。グリップ剤を拭き取ってマシンをコースインさせます。動きは大丈夫そう・・・。

 そして、予選がスタート!1番スタートで勢いよく飛び出していった私のマシン。各コーナーもしっかり曲がり、順調です!ストレート伸びています!数周して、現在私がトップとのアナウンス!ベストラップも早々11.88秒が出ているようです。

 これなら1ラウンド目に40周に突入できる!

 そう思いながら周回を重ねていました。・・・が10周を過ぎたあたりからマシンが突然右巻きに!!・・・原因はすぐにわかりました・・・。それでも粘れないかと頑張りましたが、右巻きは末期的になり、走行を終了・・・。

 原因はコレです・・・。

06-3-9-5.jpg

 まだ5、6パックしか使ってないので、大丈夫と思っていましたが、ウォーマーで温めすぎたのか、いきなり一気にきてしまいました。まあ、メーカーさんもこうなるから気をつけてね、ってHPで断ってるんですが(爆)

 周回は16周54人中50位、ぐらいの順位で第1ラウンドを終了しました・・・。

06-3-9-6.jpg



 ちなみに上位陣は地元選手が思うようにタイムを伸ばせず、ラジマガ勢リードで第1ラウンドを終了しています。

 続きは明日です♪

  1. 2006/03/09(木) 23:55:31|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼山サーキット破り③(フォトギャラリー)

 レポートはちょっとお休みさせて頂いて、たくさん撮ってきた写真の一部を貼らせて頂きます・・・。


 ミソ加藤選手
06-3-8-2.jpg
06-3-8-3.jpg


 足立選手
06-3-8-4.jpg
06-3-8-5.jpg



 レース風景
06-3-8-6.jpg


06-3-8-7.jpg



06-3-8-1.jpg

 山口のふG選手が使用する自作マシン。アッパーデッキがなく、かわりにモーターマウントを兼ねたアクリルのプレートが真ん中を通っています。非常にシャーシのロール量が多く、なのにピッチ方向の剛性バツグン、それでいてねじれが残らないという、なかなかのアイデアを持ったマシンです。正式な名前は聞いてませんが、私は以前から勝手に「アルデンテ」と呼んでいます(笑)なぜって、芯があるから(爆)
 今回は焼山初走行ながらCメインに入っていました(^^)



 そして、県央でのライバル・・・いえ、お世話になってる方々(笑)

06-3-8-8.jpg

 先生こと稲垣選手。今回は愛車のBDを使用せず、テックのマシンで参加されていました。


06-3-8-9.jpg

 TAKEさんこと黒田選手。マシンはテックMY-05。TAKEさんはご自分でマッチドバッテリー「GRID」の製作、販売も行っておられます。
 今回、勝負ラウンドに「GRID」のバッテリーをレンタルしていただき、カツカツの私を落ち着かせてくれるほどのパワーでAメインタイムを叩き出してくれました(^^)ありがとうございます!!


06-3-8-10.jpg

 コバンさんこと小林選手。いつも私より少し上の順位にいます(爆)今回も・・・チクショ~~!こちらもマシンはテックを使用されています(^^)


 明日からいよいよレース当日です♪
  1. 2006/03/08(水) 21:42:03|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼山サーキット破り②(前日練習その2)

06-3-6-14.jpg

 さて、私の練習のほうはというと・・・。

 今日の練習はセットの最終確認と、タイヤの食わせ方(ウォーマー、グリップ剤の塗り幅)の確認が目的。4,5パックで終了する予定です。

●1パック目
 タイヤは先週使ったノーマーク銀玉。異端児的なチョイスではありますが、タイムも出ていたので今回はこれで行くことにします!!グリップ剤は白缶(フロント半塗り、リヤ全塗り)。
 まず、リヤのサスブロックを1C⇒1Eに変更。リヤのトーはこれで2度から3度になります。これは基本的に決定事項なので、同時に実験用に組んできたダンパー(通常セットのダンパーからダイヤフラム上のスポンジを取り除いたモノ)も取り付けて走行してみます。

 うん!リヤも安定しているししっかり曲がってますが、ダンパーの硬さが変わったためかちょっとコーナーで早めにロールしすぎる感じ・・・?後がないというか・・・全体的にまったりというか・・・。

06-3-6-12.jpg

 お子様も見学中。周りがグラウンドや公園なので、全体的にのんびりした雰囲気。でもさすがにちょっと危ないかも・・・(汗)


●2パック目
 リヤのトーは決定として、ダンパーは元のダンパーに戻してみます。タイヤは引き続きノーマーク。トータルで数えたらもう15パックをこえ、ショルダーが裂けそうな感じですが、まだまだタイムは新品同様です♪
 グリップ剤の塗り幅などはそのまま。

 こっちのほうがコーナリングスピードもちょっと高い感じ・・・。大きな差はないですが、ならばいつものセットに近いほうが・・・ということでダンパーは元のままに決定。これでセットは完成、ということにします(^^)

●3パック目
 セットが決定、先週より安定して走れるセットになった!ということでタイムをとってみます。バッテリーはフラッシュのGP3700を充電。
 タイヤは先週食わなかった新品ノーマークを旭で3パックほど慣らしてきたものに変更。グリップ剤の塗り幅は先ほどと同じにします。

 計測開始。マシンも安定し、走行台数が多い中も順調に周回を重ねていきます。・・・が7分30秒でバッテリーダウン。先週は8分走りきったバッテリーですが、マシンが安定してスロットルを握れる時間が増えたのか、路面が重くなったのか・・・。ペースは40周にぎりぎり入れそう、といった感じ。

●4パック目
 時間も3時を過ぎ、明日を考えてラストパックということに。ここで1本だけ、イーグルの4200を充電してみます。
 タイヤはそのまま。マシンが安定していたので、グリップ剤のフロントの塗り幅をさっきより増やしてみます。

 ラストパック走行開始!スタート直後からパワーがやっぱ違う!それでいてマシンもまだまだ安定してしっかり走ります!今回も走行台数が多い中、快調順調に周回を重ねていき、これはいい感じ!
 7分30秒で少しパワー感が落ちましたが容量的には全然余裕♪このままゴールしました(^^)

 タイムは40周8分9秒、ベスト11.82秒

 練習ラストパックを自己ベストで終えることができました(^^)が、EIJIさんの方は調子がまったく上がらず、手応えがないまま練習を終了・・・。

06-3-6-14.jpg



 夕食は焼肉に、ということで連れて行ってもらったのはココ!

06-3-7-1.jpg


 なんと2階は!!

06-3-7-2.jpg


 店内はにぎやかで店員さんもいい感じ。肉のほうもウマかった♪♪


 今日はEIJIさん宅に宿泊。EIJIさんのBDをメンテしておかしいところがないか2人でチェックしてみましたが、これといっておかしいところがなく、私は順調、EIJIさんは不安いっぱいで眠りにつくことになりました・・・。そうそう、EIJIさんのガレージには・・・

06-3-7-3.jpg

  1. 2006/03/07(火) 00:19:09|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

焼山サーキット破り①(前日練習その1)

 朝6時過ぎに山口を出発し、広島市内でEIJIさんと合流。9時ごろに焼山サーキットに到着しました。

06-3-6-1.jpg

 さすがに前日とあって、練習に来ている人も多いです。私たちとほぼ同時刻にRCマガジンチームも参上。さっそくピットを広げています。

06-3-6-3.jpg

 練習が本格的に始まる前に、両選手のマシンを撮影させていただきました。


 まずは足立選手。こちらが恐縮するぐらい丁寧に応対していただきました。ありがとうございます(^^)

06-3-6-17.jpg


06-3-6-5.jpg

 雑誌などでも大きく取り上げられているベルトのプロトタイプ車。TF-5スタリオンです。・・・が、こちらはモディファイモーターのレース専用だそうで、今回は出番ナシでした・・・。

06-3-6-4.jpg

 で、こちらは昨年の全日本でもAメインに入ったシャフト車。ストックモーターのレースはこちらを使用するそうで、今回はこちらしか使用していませんでした。名前は・・・聞き忘れました(苦笑)

06-3-6-6.jpg

 足立選手のボディ。何枚か持参されていて、どのボディをレースに使ったかは良くわかりません(爆)良くあるファイヤーパターンとはちょっと違うデザインで、個人的にはこういうほうが好きです(^^)


 次に、ミソ加藤選手。私よりひとつ年上だそうですが・・・若い!私はオッサンだと改めて実感(^^;)

06-3-6-16.jpg


06-3-6-7.jpg

 MR-4TC BD。・・・ですが、いろんなとこにチームボンバーのパーツが組み込まれているみたいです。実はあまりノーマルのBDをまじまじと見たことがないのでどこが違うのか良くわかりません(汗)わかる方にはわかっていただけるかな?

06-3-6-8.jpg

 スタリオンを手にとって見つめるEIJIさん。次はこのマシンか・・・?


 それからもうひとかた、Gスタイルの高木さん。今回は2人のモーターメンテナンスのために同行されているそうです(^^)

06-3-6-15.jpg


06-3-6-9.jpg

 3人のピットには次々と見学者が(^^)


 2人のうち、まずは足立選手がコースイン。

06-3-6-11.jpg

 いきなり全開走行に近い速さで周回を重ねます。・・・と思ったら、数周後にストレートエンドを曲がりきれずコースアウト!コース脇の古タイヤに激突して足回りを破損していました(汗)全開で行こうとしたみたいです・・・。

 続いて、ミソ加藤選手がコースイン。

06-3-6-10.jpg

 こちらはやや巻き気味?ながらもほぼ全開走行。たま~に芝生の上に乗ったりコースを外れたりしてましたが、とにかく速い!面白いのは、加藤選手が走行するとあちこちからヤジ飛んでくるんですね(笑)それで走りが乱れたり(苦笑)

 タイヤはRPやヨコモを使用していたようで、練習前半に聞いた範囲では40周の2,3秒あたりのタイムを早々に叩き出していたようです。


 で、私の練習ですが・・・。

 続けて書くと、長編になりますね・・・。続きは明日、ということで(^^;)


  1. 2006/03/06(月) 23:23:57|
  2. 焼山サーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

パイロン415!

Author:パイロン415!
山口県周南市の旭サーキットがホームコース。
EPツーリング、EPドリフトを中心に活動しています!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。